2014年5月17日土曜日

アルネ&カルロス 新刊本


ノルウェーのニットデュオ アルネ&カルロス の新刊本がでました

今回はノルウェーのセテスダール地方の伝統ニットをモチーフにして、人用のセーター、靴下、ネックウォーマー、愛犬フレアのセーター等、美しい本です

セテスダール・コフタと呼ばれる伝統ニットは黒地に白の細かい模様が特徴です
コフタはカーディガンのことですが、主に男性用のセーターとして発展してきました
正装にもなるそうです

アルネ&カルロスのセーターは伝統の柄を生かして、白地に黒の模様だったり、白地に赤の模様だったり、楽しい物になっています

彼らのニットは心地よい抜け感がいいと思います

できることを全部つめこんだ作品は息が詰まるかもしれません

スローライフのお手本のように言われる彼らですが、実際は世界中を飛び回り、かなり多忙なのではと思います

実際の彼らは、ワークショップでお見かけする限りは、ゆったりとにこやかで、いい人なのだなと思いました
ノルウェーでお祭りがあるのでと、ワークショップが終わると急いでお帰りになりました

この本はノルウェー語です
細かい部分よくわかりませんが、たぶん編み物の本としては読むことができます

編み物の楽しさを再確認させてくれた アルネ&カルロス でした


2 件のコメント:

これえだ さんのコメント...

フェアアイルとかアランとか,
セーターとかカーディガンとか,
作るのはこれきりだろうと思うとやりたいこと全部詰め込みたくなりますが,
抜け感かぁ.
そういえば,ダンスでもいつも力を抜いて!と言われます.
どういう所でも,性格が出ますね.

Toshiko Kitajima さんのコメント...

これえださん
コメントありがとうございます
まじめな(笑)私達は、ついやり過ぎますね
軽やかに風通しよく行きたいものです